2016年06月27日

「遠くの友だち支援プロジェクト」第7弾 ご報告

遠くの友だち支援プロジェクト2-1.jpg

こんにちは。
久しぶりの更新ですみません。
BlueHourの「遠くの友だち支援プロジェクト」。
少しずつではありますが、活動を続けています。

「遠くの友だち支援プロジェクト」とは…
○ Photo & Music Book 「BlueHour〜まほうのじかん〜」
(定価2000円/税込)売上げの50%(1枚につき1000円)を被災地の支援活動に寄付します。


第7弾の支援先は、熊本で活動している
農家さんてつだい隊『とぅから家。』さんです。
Ao Aquaの知人で、JAなどの団体に加入していない生産者さんの長期的な支援を
行っている方たちです。
今回の熊本近隣の震災ににより出荷できない生産物を買い取り、
加工品として制作・販売。
民間のボランティア団体と協力・連携をとり、サポートされています。

先日、Photo & Music Book 「BlueHour〜まほうのじかん〜」の
今年の売上げ7枚分から7000円を寄付させていただきました。
「遠くの友だち支援プロジェクト」では、
今年いっぱい、『とぅから家。』さんへの支援を続けていきたいと思います。

13549209_1072667209484304_1646567322_o.jpg
(この写真は6/25・26に二子玉川ストリートマーケットに出店されていた
 『とぅから家。』さんをAo Aquaが訪ねた様子です)

『とぅから家。』さんからメッセージをいただきました。

「活動団体さんに、ウチの事を選んでもらえて本当に嬉しいなと思います。
 何よりも、活動されている方々の楽しそうな雰囲気が伝わってきて嬉しくなりました。
 出来る人が出来るコトを出来るだけ
 これからもムリのない範囲で、お互いが自立しながら支えあいながら
 つながっていけたらいぃなぁと思います。
 ご縁に感謝◎
 いつもありがとう◎
  
 いただいたご支援は今回の熊本地震で被害に遭われた農家さんの
 野菜を買い取り、商品として蘇らせるお手伝いとして使わせて頂く予定です。」

ぜひこの機会に、みなさまにも『とぅから家。』さんの活動を
知っていただけたら幸いです。

『とぅから家。』のホームページはこちら


[プロジェクト内容]

○ Photo & Music Book 「BlueHour〜まほうのじかん〜」
(定価2000円/税込)売上げの50%(1枚につき1000円)を被災地の支援活動に寄付します。


001-cover1.jpg
Photo & Music Book 「BlueHour〜まほうのじかん〜」はAO AQUAの曲に、
むらいさちがインスピレーションをうけて撮りおろしたものです。

「BlueHour」とは、日の出前と日の入り後の、
空が青に染まる時間帯のこと。
マジックアワーとも言われるとても美しい時間です。
人は自然の美しさに包まれたとき、緊張や不安から解き放たれて
気持ちを自由にすることができます。

ユニット名「BlueHour」は、
そんな心をやさしくなでるような自由な時間を
わたしたちとともに旅してほしいという思いから名付けました。

Photobook 32ページ CD付(3曲入り) A5サイズ
Music 01「遠くの友だち」02「生まれた日」03「おぼろ月夜」

☆ 第7弾

期間:2016年12月末まで
目標:販売数30枚 寄附金3万円
支援先:
農家さんてつだい隊『とぅから家。』

ご注文はこちらから↓
メールにて、ご注文ください。

宛先:mail@bluehour7.com
メールタイトル:「遠くの友だち支援プロジェクト」注文
本文:
お名前
送り先住所
電話番号
ご注文枚数


※ メールをお送りいただいた方に、振込先をお知らせいたします。
※ 別途送料(スマートレター180円)がかかります。ご了承ください。
posted by BlurHour at 10:17| Comment(0) | プロジェクト

2016年02月06日

遠くの友だち支援プロジェクト第6弾 cocoroの代表・小俣さんのブログで感激のご紹介をいただきました!

昨日ブログでご報告しました遠くの友だち支援プロジェクトの
「cocoro」代表・小俣さんが、ブログで熱い思いを書いてくださいました。

一部紹介させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島を通過する時
空を見上げます。
この空は 東京も福島も石巻も 世界中とつながっているのに
この街の空の下で 深呼吸することを ためらう人がいる
この街の空の下で 土と共に生きることを あきらめた人がいる。
この街の空の下で 笑顔で生きていく事を 断たれた人がいる。

同じ空
日が昇り 日が沈み
紅くその日の輝きを終えた空が
夜に向かい 蒼く染まるBlue Hourの空の下

人は何を思うのだろう・・・
今日の日の充実 安堵 落ち着き そして明日への希望・・
そう・・そうあって欲しい

震災や それにまつわる様々な出来事に
傷ついた人たち 少しの笑顔
何にもならないかもしれないけど
一瞬の笑顔でもいい
それが希望の種になって欲しい・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちも心が熱くなりました。
みなさんのところにも、届きますように。

最高の再興へさぁ行こう cocoro通信
「あたたかい想いを繋ぎたい・・その為に熱くなれ!! 」
http://ameblo.jp/yoshiken1210/entry-12125338684.html
posted by BlurHour at 10:39| Comment(0) | プロジェクト

2016年02月04日

遠くの友だち支援プロジェクト第6弾 ご報告

こんにちは。
寒い日が続いていますが、お元気でお過ごしですか?
BlueHourのふたりも元気に活躍をしています。

さて2013年4月から続けております
「遠くの友だち支援プロジェクト」第6弾のご報告です。

たくさんの方にご支援をいただき「29枚」の売上げを達成しました。
そして先日2月1日に、AO AQUAが「cocoro」さんの代表代理で
第4弾の支援先「Little songs♪」のメンバーであるきゃしーちゃんに
支援金26,600円をお渡ししました。

12637229_983061375111555_1494988117_o.jpg
12620484_983061418444884_2095738488_o.jpg

そして、「cocoro」さんの代表である小俣健一郎さんより、
下記のメッセージをいただきましたので、紹介させていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お世話になっております。
東日本大震災支援グループ・cocoro代表の小俣健一郎です。
この度は支援金のお申し出、本当にありがとうございます。
cocoroは活動5年目を前にやりたいことや嬉しいことに現地からのイベント開催
の依頼などもいただけるようになり、活動の幅も広がってきました。
しかしながら、それに反比例するように支援金や活動資金も底をつき(毎回ですが・・)
苦しい台所事情に喘いでいました。
そんな中、BlueHour〜まほうのじかん〜 アクアさんからの応援、本当に助かりました。
以下お受けさせていただきますご支援金の用途とその想いを書かせてただきます。

・・・・・・

4月17日に石巻市糠塚前仮設住宅を基盤にした石巻市河南地区仮設住宅連絡会、
また、仮設住宅が建てられた被災していない元からの住民の方々との共同の
「恒例!糠塚のお花見」
このイベントに、ご支援いただいたお金は使わせていただきます。

今回のお花見は、今までとは少し趣向を変えてまして、毎年私たちの
活動にはテーマがあるのですが今年は「ひとつにつなぐ」です。

被災した方、仮設住宅の住民の方々と、元から住まわれている方々とは、実は多くの
地域で「かい離」「壁」があります。

例えば、元の住民の方には「自治会」と言うものがあって、その中で「自治会費」と
言うものを原資にお祭りやイベントを行っています。
しかし、仮設住宅の方々は仮設住宅自治会はあっても、地域の「自治会」には加入できません。
そうなると、地域のお祭りがすぐそこで行われていても「自治会費」が別なグループなので
参加出来ない仕組みが生まれ、住民同士の交流が実は機能していない事が多いのです。

それは「子供」でも同じで、子供会も別なので子供さえお祭りに参加できません。

逆に、仮設でのボランティアイベントも被災した方々、子供達対象なので、地域の
子供や方々は参加しないことがほとんどです。

私は、それが嫌で嫌で、いま私たちcocoroは、仮設住宅に設置されている「集会場」
は使わず地域の自治会の自治会館をお借りして、誰でも来てください!! 
そういうイベントの方法を取っています。

今年はこの「つないでいく」形をさらに進め、他の地域の被災していない子供会を
巻き込んで子供たちに、cocoro臨時メンバーになってもらい、調理や配膳 設営・撤収・・
被災している、していない、大人、子供、全部取っ払って、
「ひとつにつなぐ」をコンセプトに各方面と調整しています。

春の日差しの中、何の立場も関係なく同じ時代を生きてるものとして
同じ花を見て、同じものを食べ、歌い、踊り、笑い・・
そんな時間を作ってきます。

その為に今回賜ったご支援金は1円たりとも無駄にせず
素晴らしい時間を作ってくることをお約束させていただきます。

風化が叫ばれ、5年の月日が流れる今、
本当に活動を継続していく事はみなさんのお力添えがなければ叶わない事です。

心より感謝を申し上げ、必ず支援してよかった、そう思っていただけるように
精進してまいりますので、今後とも私たちをどうか見ていてください。
本当にありがとうございました。

cocoro代表 小俣健一郎

12650517_836910656431067_2114218259_n.jpg
12660425_836909796431153_1804348889_n.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みなさまの温かいご支援のおかげで
「cocoro」の小俣さんから現地の状況を伺うことができました。
改めてありがとうございます。

これからもBlueHourは「遠くの友だち支援プロジェクト」を
続けていきたいと思います。
どうぞ応援よろしくお願いします!


posted by BlurHour at 18:33| Comment(0) | プロジェクト

2015年03月18日

「遠くの友だち支援プロジェクト」第6弾 決定しました!

遠くの友だち支援プロジェクト2-1.jpg

こんにちは。
急に暖かくなりましたね。東京は来週にも桜が開花するとか…。
窓を開けると春の匂いがしてワクワクしてきます。

さて、「遠くの友だち支援プロジェクト」第6弾の支援先が決まりました。

AO AQUAの友人で、東日本大震災直後から継続して
石巻へのボランティア活動を続けているcocoroというグループです。
現在は仮設住宅にて炊き出しやヘアカット、マッサージや音楽演奏、
また市街地ではバーやレストランでのライブ活動で街の盛り上げなどの
活動をしています。

cocoroの由来は 初めて訪れた石巻で出会った女の子の名前だそうです。
下記、cocoroのサイトから引用させていただきます。

「震災当時 1歳そこそこだった こころちゃんの成長とともに
 街は復興や再生をしていくでしょう。
 彼女の瞳に映る景色が 美しくより良い世界に映ることが「復興」の証であると思い
 その願いを込めて僕らの名前につけました。

 だんだんと訪れる人も少なくなってきた東北の各被災地。。
 日本や世界中に「被災地」「紛争地」という場所が とめどなく増えている昨今。。
 東北だけが大変な場所ではない!その言葉に異論はありません。
 でもこの年月の中で今こそ そしてこれからこそ
 「こころ」への働きかけ 「こころ」へのアプローチが大切になってきています。

 わたしたちcocoroは 非常に微力です。
 でも 無力ではありません。
 微力を集めて無敵に!を志に これからも活動してまいります。」

ぜひこの機会に、みなさまにもcocoroの活動を知っていただけたら幸いです。

「cocoro」ホームページはこちら

[プロジェクト内容]

○ Photo & Music Book 「BlueHour〜まほうのじかん〜」
(定価2000円/税込)売上げの50%(1枚につき1000円)を被災地の支援活動に寄付します。


001-cover1.jpg

Photo & Music Book 「BlueHour〜まほうのじかん〜」はAO AQUAの曲に、
むらいさちがインスピレーションをうけて撮りおろしたものです。

「BlueHour」とは、日の出前と日の入り後の、
空が青に染まる時間帯のこと。
マジックアワーとも言われるとても美しい時間です。
人は自然の美しさに包まれたとき、緊張や不安から解き放たれて
気持ちを自由にすることができます。

ユニット名「BlueHour」は、
そんな心をやさしくなでるような自由な時間を
わたしたちとともに旅してほしいという思いから名付けました。

Photobook 32ページ CD付(3曲入り) A5サイズ
Music 01「遠くの友だち」02「生まれた日」03「おぼろ月夜」

☆ 第6弾

期間:2015年9月末まで
目標:販売数30枚 寄附金3万円
支援先:
「ボランティアグループcocoro」

ご注文はこちらから↓
メールにて、ご注文ください。

宛先:mail@bluehour7.com
メールタイトル:「遠くの友だち支援プロジェクト」注文
本文:
お名前
送り先住所
電話番号
ご注文枚数


※ メールをお送りいただいた方に、振込先をお知らせいたします。
※ 別途送料(メール便80円)がかかります。ご了承ください。
posted by BlurHour at 17:49| Comment(0) | プロジェクト

2015年02月12日

BlueHourライブ2015&「遠くの友だち支援プロジェクト」第5弾ご報告

こんにちは。
梅の花が咲き始め、少しずつ春の気配を感じられるようになってきました。
みなさま、お元気でお過ごしですか?

すっかりご報告が遅くなってしまい申し訳ありません。
1/23に中野のマハロアさんで開催したBlueHourライブは
おかげさまで大盛況となりました。
お越しいただいたみなさま、応援いただいているみなさま
本当にありがとうございます。

BH0123-2.jpg

第1部はAO AQUAライブ WITH むらいさち作品。
久しぶりのライブということもあって、
この日のむらいさちの作品はほぼ新作でお届けしました。
AO AQUAの歌と写真が本当に素敵にとけあって、スタッフであることを忘れて、
「まほうのじかん」にすっかり癒されてしまいました。

BH0123-1.jpg

第2部は、「遠くの友だち支援プロジェクト」第5弾で応援していた
プロラガーマン・西山淳哉さん(にしやん)にも登場いただき、
3人でトークショーを行いました。

まずはにしやんが続けている活動について、お話をうかがいました。
主な活動は月に一度、臨時コーチとして石巻のラグビースクール「石巻ライノス」の練習に参加すること。
また、にしやんの活動拠点のひとつである千葉松戸のラグビースクールとの交流試合なども行っています。
ここでミラクルな話が出てきました。
実はむらいさちは子どもの頃、埼玉の三郷ふくじゅ草ラグビースクールに入っていて、
その松戸ラグビースクールとも交流があったとのこと。
この日初対面だったにしやんとむらいさちですが、共通の友人がいることも判明。
世の中狭い!…ご縁ってほんとに面白いですね。

_MG_0930a.jpg

後半では、3人に「今年の抱負」を漢字一文字で書いてもらいました。

BH0123-5.jpg

西山淳哉さんは「継」
石巻の子どもたちにラグビーを指導するという支援活動だけでなく、
2年前から挑んできたプロジェクトを「継続」させること。
AO AQUAは「産」
今年は新しいアルバムや新曲の創作活動を中心に、いろんなものを「産み出す」年にしたい。
むらいさちは「金」と「欲」(???)
…というのは、いつもの冗談で、「謝」。
「あやまる」ではなくて(笑)、感謝の「謝」です。

こうして文字にしてみると、気持ちも引き締まる気がします。
もう2月ですが、私も文字にしてみようかな。

最後に、第5弾でご支援いただきました寄附金をお渡ししました。
内訳はPhoto & Music Book 「BlueHour〜まほうのじかん〜」47枚の売上げ分(50%)
47,000円+3,000円(ライブのお客様から寄附金をいだきました)です。

BH0123-4.jpg

みなさまの温かいご支援に、心より感謝申し上げます。

これからもBlueHourは「遠くの友だち支援プロジェクト」を
続けていきたいと思います。
次回の支援先は、追ってご報告いたします。

どうぞこれからも応援よろしくお願いします!
posted by BlurHour at 15:21| Comment(0) | LIVE