2016年02月04日

遠くの友だち支援プロジェクト第6弾 ご報告

こんにちは。
寒い日が続いていますが、お元気でお過ごしですか?
BlueHourのふたりも元気に活躍をしています。

さて2013年4月から続けております
「遠くの友だち支援プロジェクト」第6弾のご報告です。

たくさんの方にご支援をいただき「29枚」の売上げを達成しました。
そして先日2月1日に、AO AQUAが「cocoro」さんの代表代理で
第4弾の支援先「Little songs♪」のメンバーであるきゃしーちゃんに
支援金26,600円をお渡ししました。

12637229_983061375111555_1494988117_o.jpg
12620484_983061418444884_2095738488_o.jpg

そして、「cocoro」さんの代表である小俣健一郎さんより、
下記のメッセージをいただきましたので、紹介させていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お世話になっております。
東日本大震災支援グループ・cocoro代表の小俣健一郎です。
この度は支援金のお申し出、本当にありがとうございます。
cocoroは活動5年目を前にやりたいことや嬉しいことに現地からのイベント開催
の依頼などもいただけるようになり、活動の幅も広がってきました。
しかしながら、それに反比例するように支援金や活動資金も底をつき(毎回ですが・・)
苦しい台所事情に喘いでいました。
そんな中、BlueHour〜まほうのじかん〜 アクアさんからの応援、本当に助かりました。
以下お受けさせていただきますご支援金の用途とその想いを書かせてただきます。

・・・・・・

4月17日に石巻市糠塚前仮設住宅を基盤にした石巻市河南地区仮設住宅連絡会、
また、仮設住宅が建てられた被災していない元からの住民の方々との共同の
「恒例!糠塚のお花見」
このイベントに、ご支援いただいたお金は使わせていただきます。

今回のお花見は、今までとは少し趣向を変えてまして、毎年私たちの
活動にはテーマがあるのですが今年は「ひとつにつなぐ」です。

被災した方、仮設住宅の住民の方々と、元から住まわれている方々とは、実は多くの
地域で「かい離」「壁」があります。

例えば、元の住民の方には「自治会」と言うものがあって、その中で「自治会費」と
言うものを原資にお祭りやイベントを行っています。
しかし、仮設住宅の方々は仮設住宅自治会はあっても、地域の「自治会」には加入できません。
そうなると、地域のお祭りがすぐそこで行われていても「自治会費」が別なグループなので
参加出来ない仕組みが生まれ、住民同士の交流が実は機能していない事が多いのです。

それは「子供」でも同じで、子供会も別なので子供さえお祭りに参加できません。

逆に、仮設でのボランティアイベントも被災した方々、子供達対象なので、地域の
子供や方々は参加しないことがほとんどです。

私は、それが嫌で嫌で、いま私たちcocoroは、仮設住宅に設置されている「集会場」
は使わず地域の自治会の自治会館をお借りして、誰でも来てください!! 
そういうイベントの方法を取っています。

今年はこの「つないでいく」形をさらに進め、他の地域の被災していない子供会を
巻き込んで子供たちに、cocoro臨時メンバーになってもらい、調理や配膳 設営・撤収・・
被災している、していない、大人、子供、全部取っ払って、
「ひとつにつなぐ」をコンセプトに各方面と調整しています。

春の日差しの中、何の立場も関係なく同じ時代を生きてるものとして
同じ花を見て、同じものを食べ、歌い、踊り、笑い・・
そんな時間を作ってきます。

その為に今回賜ったご支援金は1円たりとも無駄にせず
素晴らしい時間を作ってくることをお約束させていただきます。

風化が叫ばれ、5年の月日が流れる今、
本当に活動を継続していく事はみなさんのお力添えがなければ叶わない事です。

心より感謝を申し上げ、必ず支援してよかった、そう思っていただけるように
精進してまいりますので、今後とも私たちをどうか見ていてください。
本当にありがとうございました。

cocoro代表 小俣健一郎

12650517_836910656431067_2114218259_n.jpg
12660425_836909796431153_1804348889_n.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みなさまの温かいご支援のおかげで
「cocoro」の小俣さんから現地の状況を伺うことができました。
改めてありがとうございます。

これからもBlueHourは「遠くの友だち支援プロジェクト」を
続けていきたいと思います。
どうぞ応援よろしくお願いします!


posted by BlurHour at 18:33| Comment(0) | プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: