2013年04月10日

「遠くの友だち支援プロジェクト」始めます!

遠くの友だち支援プロジェクト2-1.jpg

2011年3月11日に起こった東日本大震災。
被災地の現実に対して、私たちは自分たちの無力さに打ち拉がれる日々でした。
それでも、なにかできないかと…
むらいさちは花の写真をツイッターでアップし続けていました。
AQ AQUAは被災地で歌う機会をいただいていました。

もともとお互いの作品に惹かれ合っていたふたりは、
ともに気持ちを合わせて活動すれば、きっと前に進む力になる…

そして、2011年5月、ユニット「BlueHour」を結成しました。

「BlueHour」とは、日の出前と日の入り後の、
空が青に染まる時間帯のこと。
マジックアワーとも言われるとても美しい時間です。
自然の美しさに包まれたとき、
緊張や不安から解き放たれて、やさしい気持ちになるように、
大切な友だちや家族を思うやわらかな気持ちに
周りの人も、そして何より、自分自身が癒される…。


東日本大震災で感じた思いから、「BlueHour」の第一弾作品『遠くの友だち』は生まれました。

震災から2年。
私たち「BlueHour」は、「大切に思うやわらかな気持ち」を届けるために
「遠くの友だち支援プロジェクト」を始めます。

ぜひ一緒に、「遠くの友だち」へ思いを届けませんか?



<ふたりからのメッセージ>

震災が起きたあの日以来、身近な家族や友だちと一緒に過ごせることは、
当たり前じゃなく奇跡なんだって、心から思うようになりました。
同じ時代に生まれてきた、地球上全てのものが愛おしい気持ち。

だからこそ今、ちゃんと伝えたい。"ありがとう、愛してる"って気持ちを。
BlueHourの"遠くの友だち"という作品は、ハワイに住む友人家族のことを想い歌って
いますが、まだ会ったことのない沢山の日本の友だちにも届けることができたら。震
災後、まだ大変な状況にある方々の力に少しでもなれば良いなと思っています。

私たちの想いを、カタチにして届けましょう

AO AQUA


震災から2年が経過しました。
現地ではいろいろな問題が山積みになっており、
お話をすると多くの方が「やっと復興が始まったところだよ」
という声を良く耳にします。
マスコミでも取り上げられることも減り、皆の意識も低くなっています。
それは当たり前のことで悪いことなどではないですが、僕は写真を通して、
アクアさんは音楽を通して、皆さんの心を少しでも東北に向けること、
遠くの友達を思うこと・・・。
そんな活動がこれからもできればと思います。

むらいさち



[プロジェクト内容]
○ Photo & Music Book 「BlueHour〜まほうのじかん〜」
(定価2000円/税込)売上げの50%(1枚につき1000円)を被災地の支援活動に寄付します。

☆ 第1弾

期間:2013年4月11日〜7月10日(3カ月間)
目標:販売数10枚 寄附金1万円
支援先:
東日本大震災ふくしまこども寄附金


東日本大震災により、保護者が死亡または行方不明となった児童に対する支援事業を行っている。
(給付金額例:小学生・中学生 孤児4万円 遺児3万円/月額)



ご注文はこちらから↓
メールにて、ご注文ください。

宛先:mail@bluehour7.com
メールタイトル:「遠くの友だち支援プロジェクト」注文
本文:
お名前
送り先住所
電話番号
ご注文枚数


※ メールをお送りいただいた方に、振込先をお知らせいたします。
※ 別途送料(メール便80円)がかかります。ご了承ください。
posted by BlurHour at 13:51| Comment(0) | プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: